fc2ブログ

プロフィール

tamakiya

Author:tamakiya
大阪枚方市のクロス張り替え職人直営店
壁紙責任施工販売「玉木屋」です。
クロスの貼り替えをお考えでしたら
玉木屋で!
ホームページからどーぞ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

人気ブログランキングへ
RSS

後ろ姿

突然ですが、

この方知ってますか??

yasuoka.jpg

蜷川幸雄!!じゃないですよ!(笑)


玉木屋です。



最近、名言シリーズがマイブームで、ふと思い出しました!!

玉木屋の誰かが言った名言コーナー!!VOL.6


「如是縁」何事も縁より起こるので「縁起」ということばがある。
また「因果」縁がなければいかなることも因にならない。「因・縁・果・報」という。
因があってそれが縁によって物事が起こり、その因縁から果という結果が生じ、そこで初めて果の反応、つまり報が生じる。縁によって結ばれることを「結縁」という。
 いかなる因もなにかの縁がなければつまり結縁しなければ果が生まれない。
果がうまれなければ、報もない。どんなものにでも縁があり、縁が結ばれないと何者をも生まれない。


玉木屋の誰かが言った名言コーナー!!VOL.7


後ろ姿がしょんぼりしているのは、不徳であることを示しているのだ。怒り肩がいいのかと言うと、これもよろしくない。後光が差すというか、徳のある人は後ろ姿が凛々しく、元気であふれているのである。


蜷川幸雄。。。じゃなくて、安岡正篤先生の言葉です。




余談
※むか~し、僕は二十歳そこらの頃、某うどん屋さん(結構有名です)で働いていました。

二代目社長と僕で四條畷に一泊二日の山篭り(山で泊まっての研修です)に行ったのですが


安岡正篤先生の言葉や話が、よく出てきました。
確か、そこは安岡正篤先生のゆかりの地なのか、なんなのか。。。???(忘れましたw)



講習の先生は新聞に載るような、大企業の社長や会長ばかり!!
周りは様々な業種の社長や重役ばかりでエリート自衛官みたいな人もいてました。
(若造は僕ひとりなので、皆さん、よく声を掛けて下さったのを覚えてます)


講習中は正座!!

一日ほとんど正座!!

そのおかげで足が短くなったんだと思います。



で、

山篭りの最後に一人ひとり感想を発表するのですが、

そこそこの地位の方(今の僕より歳上です多分)が、泣いてお礼を言ってたりしてるんです。

そんな感じで衝撃的でした。


僕が言ったことは。。たしか。。。こんな感じ。。。





「若造は僕しかいなくて、場違いなところに来てしまった!!と正直、思いました。

しかし、この歳で、皆さんと接し、貴重な経験をしたことは、これからの力になると思います。

本当に参加出来て良かったです。」



ウンチャラカンチャラ




いつか、皆さんみたいな立派なリーダーになれるように頑張ります。有難うございました。
(そう!!リーダー研修かなんかです!!)






現在


ひとりでやってます。


リーダーって。。。




。。。




この山篭りで、その頃の僕が、ガツンと来た言葉があります。

次の日に、会社や店の朝礼で感想を発表しなければ、ならなかったんですが。

この言葉を使いました。


玉木屋の誰かが言った名言コーナー!!VOL.8

安積得也さんの詩だそうです。


”語る人 尊し、語ること知らで
身体で語る人 さらに尊し

導く人 尊し、導くこと知らで
後姿で導く人 さらに尊し”



後ろ姿はごまかしが効かないです

後ろめたい仕事をしてたり、まいっか!で施工をしていれば

後ろ姿にあらわれるのかと。。。






僕がお客様から、一番見られる部分は、施工時に殆ど壁に向かっている為



背中かスポーティなお尻です



絶対に後ろ姿です!!



現段階では、まだ後ろ姿からオーラは発してないかも知れませんが

このまま、責任施工を続けていれば



僕の後ろ姿からは


自信に満ち溢れ、真っ赤なオーラを発し


きっと、後ろ姿で、お客様に安心して頂けるようになれる!!


と信じ、精進していきたいと思います。



次回は、物凄くご近所のマンションリフォームをUPします。

在宅クロス貼り替えでの、玉木屋の心構えを書きたいと思います。




壁紙貼り替えるなら
壁紙責任施工販売『玉木屋』で!!

ホームページ、リニューアルキャンペーン実施中!!
http://www.interior-tamaki.jp



お手数ですが、

左の「ブログ村」のボタンか

下のボタン

ポチッとして頂けたら嬉しいです。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す